借地権・底地の売却なら渋谷のランドプラス株式会社

借地権・底地の売却なら渋谷駅から徒歩6分ランドプラス株式会社

借地人様向けトップページ(借地とは)

借地権付建物の売却

「借地権付建物」を売却したい方向けのご紹介ページです。
借地権専門の不動産会社として、ベストな売却方法をご提案します!

借地権付建物の売却

建物も古いし、解体費用もかなりかかりそう。本当に売れるのかしら?
はい、売却可能です。当社で売却ができないケースはほとんどありません!地主様からの承諾を得られないケースでも対応可能です。

※東京23区内かつ建築基準法上の問題(再建築不可等)・借地契約上の問題等がなければ、当社での借地権売却はほぼ可能です。なお再建築不可等の問題がある場合でも当社では対応可能です。

Step1.まずは借地権の売却価格査定を実施します

  • 当社では借地権の市場性、地代、土地賃貸人様の意向等を総合的に考慮し、きちんとした「売却できる価格」を提示させて頂きます。
  • 他社で多い、借地権市場をあまり把握していな為に起こりうる「売れない価格での高い評価」や、相場より低い「不適正な評価」ではなく、相場を考慮した適正な評価を心がけております。
  • 借地権の売却価格査定の費用は無料です

※当社売却価格査定に際しては、対面でのお打ち合わせをお願いしております。借地の場合、過去の経緯等含め詳細をお聞きしないと正しい評価を算出する事が困難な為です。何卒ご協力をお願い致します。(当社へのご来社または当社営業担当者がご自宅やカフェ等の指定場所へお伺いさせて頂きます)

Step2.ご納得いただけましたらご依頼を

当社評価等にご納得頂けましたら、当社と「不動産売却媒介契約」を締結をお願いしております。
媒介契約締結後、地主様と当社間で借地権譲渡条件に関し協議をさせて頂きます。
なお借地権譲渡に関して承諾を得られない場合は「依頼までの流れ」のページをご参照ください。

ご依頼前に、必要な諸経費、売却期間、売却後の税金に関するご説明をいたします。説明を聞いて頂きご納得頂けましたら、是非ご依頼をお待ちしております!
※当社売却価格査定に際しては、対面でのお打ち合わせをお願いしております。借地の場合、過去の経緯等含め詳細をお聞きしないと正しい評価を算出する事が困難な為です。何卒ご協力をお願い致します。
(当社へのご来社または当社営業担当者がご自宅やカフェ等の指定場所へお伺いさせて頂きます)

Step3.交渉

地主様と借地権譲渡に関する協議を実施させて頂きます。
当社では地主様側に複数の選択肢をご提案し、成約を目指します。

 


■他社の交渉例

■当社の交渉例


残念ながら、地主様との交渉が不調に終わるケースもございます。
なお、その場合でも裁判所非訟事件手続きに移行する事で売却は可能になります。
詳細は「トラブルのある借地権」についてのページをご参照ください。

Step4.契約締結・お引き渡し(ご相談から1ヶ月~2ヶ月※)

売却先が決まりましたら売買契約を締結させて頂きます。事前に契約書案、必要な諸経費、売却期間、売却後の税金等に関しご説明をさせて頂き、きちんとご納得頂けましたら契約締結・物件お引き渡しに進みます。
※契約締結・お引き渡しまでの期間は、買主様融資有無・売却先等により異なります。契約からお引き渡しまでのスケジュールは別途ご案内させて頂きます。

借地権の評価

評価が難しい借地権

借地権の価格、実は算定方法は非常に複雑です。
よく、更地価格に借地権割合を乗じて計算する方も多いですが、残念ながら間違った計算方法と言えます。
まず、売却方法(「地主さんへ売却」or「第三者へ売却」or「底地と借地権を、同時に第三者へ売却」)により価格が大きく異なります。
加えて、地代や更新料の有無・金額、また地主さんとの関係(譲渡には快く応じてもらえるか?その他の書類等で承諾をもらえるか?)で、価格が大きく異なります。

借地権(借地権付き建物)の価格を知りたい場合は、弊社までお問い合わせ下さい。
お時間を頂戴しますが、価格を算出させて頂きます。

売却を前提とした主な評価

借地権の評価方法はいくつかありますが、ここでは売却を前提とした評価をご紹介します。
借地権を売却する場合、通常の不動産と異なる点として売却先や土地所有者の承諾状況により
売却価格が大きく異なってくるという特徴があります。

  1. 「土地所有者」に売却する場合
  2. 「第三者」に、借地権と底地を同時に売却する場合
  3. 「第三者」に売却する場合(土地所有者承諾あり)
  4. 「第三者」に売却する場合(土地所有者承諾が得られず「借地非訟手続き」にて売却)

当社に売却をご依頼頂いた場合、上記①~③の方法による売却を試みます。
なぜなら、①~③の方法が最も有利な条件で売却が可能だからです。
また、①~③の中でどの方法にて売却するかは、土地所有者の意向や諸事情を十分に考慮し、ケースにより最適な方法を選択させて頂きます。

土地所有者の協力が無ければ、売却は非常に困難

借地権を売却する際には、土地所有者の協力が必須です。
上記①・②の場合、土地所有者が買主(又は売主)となるので、全面協力して頂ける事が前提となります。
また、③の場合でも「借地権譲渡承諾」を得る必要がある事から、同じく土地所有者の協力が必要になります。

では、土地所有者から上記①~③の協力が得られない場合は、どうなるのでしょうか?
この場合、裁判所にて「借地非訟手続き」を経て、裁判所より「土地所有者の承諾に代わる許可」を得る
事で売却が可能となります。しかしながら、この場合には「買主」を探す事が非常に困難になります。
また、売却できた場合においても、売却価格は非常に安くなる傾向があります。

POINT:借地権を地主さんに買い取ってもらう!

借地権を売却する場合、地主さんに買い取ってもらう方法が最も高く売却できる方法の一つです。
地主さんとしても、底地を維持するメリットは少ないことから、購入に応じるケースが多くあります。また、地主さんもまとまった購入資金が無い場合もありますので、その際は「同時売却」や「等価交換」などを試みるのも方法です。

下記は、底地割合40%の例ですが、借地権割合とは「国税庁が相続税を算出するために決めた割合」であり、当事者間の割合は話合いで決まります。一般的には、底地割合40%の場合でも、底地50%・借地権50%程度で決まる例が多いようです。

≪参考≫地主さんが買取った場合の目安
更地価格:5,000万円
借地権割合:借地権60%・底地40%
借地権売却額:2,500万円前後

※当事者間の合意で底地割合:50% 借地権割合50%とした場合
※建物評価や建物解体費などは未考慮の場合

当社は借地権専門の不動産会社です

最適な売却方法をご提案できます

ひとくちに借地権専門といっても、その方法はさまざま。権利関係が複雑に絡み合ったケースも珍しくありません。
当社では経験豊富なスタッフが、お客様の要望や現状を丁寧にお伺いして、お客様だけの最適な売却方法をご提案します。

  • 借地権を地主さんへ売却
  • 等価交換などを組み合わせた売却
  • 住宅・アパート用地として第三者へ売却
  • 建物を現状のまま第三者へ売却

お客様の「借地権を売りたい!」というご要望に対し、状況に応じたさまざまな角度からのご提案が可能です。

トラブル対策・価格面の満足度が高い

地主さんから「借地権譲渡承諾」を得られなかったり、事前に不動産会社から聞いていた価格と違ったりと、非常にトラブルが多いのが借地権売却の実態です。
当社は借地権売却をするうえでの必ずおさえておくべきポイントを熟知しているので、比較的スムーズな売却が可能です。おかげさまで実際に売却されたお客様の満足度が違います。

もっと知りたい!「借地権売却」

そもそも、借地権って売却できるものなの?

借地権は3つの前提条件が揃えば売却できます。

お心当たりの方は、一度書類をご準備いただいて、無料相談をご利用ください。
※上記条件を満たしている場合でも売却できない場合があります。

買ってくれる人はいるの?

買主探しもお任せください!
地主さんが買うケースの場合、地主さんにとって借地権はお金を払ってでも買い取るメリットがあります。

第三者が買うケースであっても、土地を「借りる」発想なので、割安でマイホームを手に入れることができます。

以上のケースからわかるように、借地権需要はあります。
立地条件などに応じて幅広くご提案しますので、お気軽にご相談ください。

よくあるご質問

本当に借地権は売却できるの?買主が決まらないという事はあるの?

当社では借地権売却先候補が複数おりますので買主が決まらないというケースはありません。なお売却方法によっては買主が決まるまで時間を要するケースもありますが、その場合は事前にご案内をさせて頂きます。

売却期間はどれくらいかかりますか?

売却先により異なりますが、ご依頼から2~3か月程度が業務完了の目安となります。なお建物をそのまま利用する事を前提に売却する場合は長くなる傾向がありますが、 売却価格も高くなる傾向があります。

更新料や承諾料、地代の事を詳しく知りたいのですが?
借地を売りたい。どうしたら良いの?いくらで売れるの?

借地(借地権付き建物)は売却することが可能です。
地主さんに買い取ってもらったり、第三者へ借地権のみの売却をしたり、いろいろな売却方法があります。
ですが、売却方法によって価格は大幅に異なります。また、第三者への売却には、地主さんの承諾が必要になります。

売却後、マンション等へ住み替えたいです。
資金契約や売却スケジュール、転居先探しなども、
まとめて対応してもらいたいです…

はい、もちろん対応可能です。
借地権売却の場合、地主様意向により売却スケジュールが流動的になるケースが多々あります。
当社で転居先を探す場合、スケジュールや資金契約も柔軟に対応可能です。

地主さんともめています…

地主様と揉めている借地権も、当社で対応可能です。詳しくは「承諾を貰えない・再建築不可借地権売却」のページをご参照ください。

▶「承諾を貰えない・再建築不可借地権売却」ページへ

借地に関して、詳しい人とじっくりと相談したいのですが…

はい。まずは当社へのご相談をお待ちしております。
旧「借地法」の借地は、借地法や借地借家法だけではなく、裁判所の判例や地域慣習等を総合的に考慮しなければなりません。
当社は都内でも数少ない、借地の専門店です。

▶依頼方法のページへ

国(財務省)から土地を借りてますが、そのような借地権でも売却できますか?

はい、国から借りている借地権でも売却可能です。なお当社ではそのような借地権も多く取り扱っております。

国(財務省)から土地を借りてますが、そのような借地権でも売却できますか?

はい、国から借りている借地権でも売却可能です。なお当社ではそのような借地権も多く取り扱っております。

建物は古いけど大丈夫?

建物が古くても全く問題ありません。当社にご依頼頂く方の多くが、建物解体を前提とした売却依頼です。

借地契約書が見つかりません…

借地契約書が無くても問題ありません。

契約者が亡くなって相続手続きが終わっていません…

売却に際し、相続手続きは必ず必要となります。なお相続手続き前でもご相談は可能です。相続手続きに関しても当社の方で司法書士のご紹介等含め、総合的に対応可能です。

借地契約期間が切れててもう何年も経っています…

借地契約期間が満了している場合でも売却は可能です。

土地賃貸借契約書には、契約終了時に建物を解体し更地にして返還する必要があると書いていますが…

一般的な契約書には上記文言が記載されているケースは多々あります。借地権を売却する場合には該当しない条項である事から問題ありません。