2016年1月アーカイブ

======================================
弊社では、平成28年2月1日より、中古住宅取引時における「瑕疵保険」加入制度の
取扱いを開始致します。
======================================

これまでの不動産業界においては、中古住宅を売買する際、建物の瑕疵(かし※)保険制度が
あまり普及しておらず、中古住宅を売買する際には、白アリ被害・建物安全性・欠陥の有無など、
その建物に対する不安が払拭できませんでした。

当社では、その不安を払拭できる取引をするために、「中古住宅 瑕疵担保保険」の取扱いを
開始いたしました。


この制度では、事前に保険会社指定建築士さんに建物診断を実施して頂き、その後、
保険加入となります。
よって、売買成立後の売主・買主間でのトラブルを未然に防止する事が可能です。


保険加入による売主様側のメリットとしては、保険加入料等が発生しますが、建物物件評価額の
向上が図れることにより、トータルでの手取り金額の向上が可能となります。
また売却後のトラブルを未然に防ぐことが可能となります。
(通常、不動産売却後にシロアリ被害等が発見された場合、売主様側にてその補償が必要と
 なるケースもあります)

買主様にとっては、第三者(建築士)が検査した安心な住宅を購入でき、かつ保証が受けられる事。
また、不動産取得税の一部減免や住宅ローンの金利低下も可能となります。

この保険制度は開始されてからまだ間もなく、取扱できる不動産会社さんも多くはありません。
この機会に是非ご検討してみては如何でしょうか?



※瑕疵(かし)とは、キズや欠点、不具合という意味を持ちます。
※全ての取引が対象とはなりませんので、事前に当社営業担当者までお問合せ下さい。

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。