矢崎不動産オフィス

矢崎不動産オフィス株式会社の借地総合情報ブログ

住宅寿命は何年?

 

<日本の住宅建替え周期>


住宅は何年くらい利用できるものでしょうか?
下記は、総務省の調査による住宅寿命を国際比較した一覧です。


イギリス  141年
アメリカ    96年
フランス     86年
ドイツ     79年
日本      30年


諸外国と比較した場合、日本の住宅寿命は非常に短くなっております。
これは、戦後の住宅政策が住宅不足解消に力を注ぎ、長期的に住宅を維持する
事にあまり力を入れてこなかった事や、地震に対する耐震性に重点を置いた結果と言えます。
また、日本人の新築志向や中古住宅に対する不安感も要因となっています。




<スクラップ・アンド・ビルド型の社会から、ストック型社会へ転換>

政府は、平成18年の「住生活基本法」制定を経て、短期間で住宅を壊し新築住宅を
建築するスクラップ・アンド・ビルド型の社会から、中古住宅を活用するストック型社会への
転換を目指しています。

国土交通省では、住宅寿命を延ばす事や 中古住宅の流通数増加を目指しており、
その施策の一つが、長期優良住宅への減税やリフォーム融資の拡充です。

他に、まだあまり一般的とは言えませんが、中古住宅を売買する際に
保険に加入する事も可能です。
これは「既存住宅売買瑕疵保険」と呼ばれ、中古住宅を売買する前に
検査員(建築士)が住宅を検査し、問題がなければ加入できる保険です。
この保険に加入した場合、売買から5年間に渡り主要部位や雨漏りに対し
保障を受ける事が出来ます。
この保険を活用する事により、安心して中古住宅を購入する事も可能です。



<住宅寿命は何年?>

家は、メンテナンスの実施有無で大きく寿命が異なります。
古い住宅でも、定期的なメンテナンスや耐震補強工事を実施する事により、
かなり長期間に渡り維持する事が可能です。
木造住宅でも50年・100年維持が可能と言う建築士の方もいらっしゃいます。

大手ハウスメーカーでも、リフォームに力を入れる会社が増えてきています。
住宅建替えも良いのですが、リフォームも検討してみては如何でしょうか?




 

更新日時2012年4月22日 17:02