借地人向けページ|矢崎不動産オフィス

ホーム > 借地人様向けページ > 借地人さんのよくある悩み

借地人さんのよくある悩み

借地人さんのよくある悩み

1.何十年も地代を払って住んでいるので、地主さんから土地を購入したい。

 

はい。地主さんとしても少ない地代で契約を続けるよりも、借地人さんに売却したいと考えている方も多くいらっしゃいます。
売買価格の設定や、売買契約の実務など、当事者どうしだけでの不動産売買は非常に困難かと思われます。交渉も含め、借地に詳しい不動産会社へ相談してみて下さい。

 
 
 

2.更新料は、払わなければならないの?

 

当社では、お支払する事をお勧めしております
更新料の支払いは、必ずしも必要ではない場合も多くあります。しかし、今までに更新料を払ってきた場合や、同じ地主さんの近隣の借地人さんが払っている場合は注意が必要です。
地主さんから見た場合、更新料には安い地代を補填する金銭と考えている方も多くいらっしゃいます。また、支払わない場合には思わぬ不利益を被る場合もあります。
詳細は、下記ページをご参照下さい。

 
 
 

3.契約書を紛失してしまって、いつが更新期日か判らない。

 

はい。借地は契約期間が長いため、契約書を紛失してしまう事や、根本的に契約書を作成してないケースも残念ながらよくあります。
借地に詳しい専門家へ依頼をし、相手方とも打ち合わせしながら契約書の再作成等をすることをお勧めします。

 
 
 

4.借地を売りたい。どーしたら良いの?いくらで売れるの?

 

はい。借地(借地権付き建物)は売却することが可能です。
地主さんに買い取ってもらったり、第三者へ売却したり、色々な売却方法があります。
ちなみに、売却方法によって価格は大幅に異なります。
また、売却には、地主さんの承諾も必要になります。

 
 
 

5.契約書の名前が、亡くなったおじいちゃんの名前だけど問題ある?

 

はい。当社では、すぐに変更手続きをする事をお勧めします。
契約者(被相続人)の方がお亡くなりになってしまった場合には、借地権は当然相続人さんに相続されます。 ただ、地主さんから見ると、誰が借地権を相続したのかがわかりませんので、余計なトラブルを引き起こす事があります。 契約書の名前が変更されていない場合、建物の相続登記も完了してない場合も多くあります。
詳細は、下記ページをご参照下さい。

 
 
 

6.建物を建て直ししたいけど、地主さんが承諾してくれない。

 

はい。この場合、まず「なぜ、承諾してもらえないか?」を考えてみましょう。
多くは、地主さんとの関係が良好でない場合や、地主さんなりの考えがあったりします。裁判所での解決による方法もありますが、まずは話し合いによる方法を試してみては如何でしょうか?
時間も費用も、随分抑えることができるかもしれません。

 
 
 

7.借地に関して、詳しい人とじっくりと相談したい。

 

はい。 では、是非当社へのご依頼をお待ちしております。
借地は、借地法や借地借家法だけではなく、裁判所の判例や地域慣習等を総合的に考慮しなければなりません。
当社は数少ない、借地の専門店です。