地主様向けページ|矢崎不動産オフィス

底地とは?

底地の現状

貸したまま、返ってこない借地
長年に渡り土地を貸し続けている地主さんも多くいらっしゃるとは思います。
旧借地法は、制定された大正10年当時の時代背景もあり、借地人の権利保護に重点が置かれた
法律でした。
その為、貸主からの契約解除はほとんど認められず、実質的には契約期間が「半永久的」に続く
のが実情です。


収益性の低い地代
貸地(借地)として貸していますので、当然の事ながら安定的な地代収入は見込めます。
しかしながら、地代収入は土地価格からの収益性を考えると低い水準にとどまる事が
多いうえに、別途支出として固定資産税や測量代・相続税などの費用も発生する事から
更に収益は低くなります。

底地とは?

底地とは「借地権の目的となっている土地」の事を指します。
(土地は地主さんが所有。その土地の上に借地人さんの所有建物がある状態。)
借地人さんは土地を借りているので、地主さんに賃料(地代)を支払う必要があります。

※「底地」は、国土交通省不動産鑑定評価基準で「宅地について借地権の付着している場合における当該宅地の所有権」と定義。

底地の主なデメリット

  • 地代が安い
  • 固定資産税は貸主負担
  • 第三者へ売却すると、著しく安くなってしまう
  • 金融機関からの評価が低い
  • 更新料や増改築承諾料など、分かりにくい
  • 契約期間が長く、この先どうなるか不安がある
  • 借地人さんとの人間関係に気を使う
  • 境界が不明確な場合が多い

→地代・更新料の算出方法はこちらから